腰痛の種類

1.筋膜性腰痛症(きんまくせいようつうしょう)腰周囲の筋肉に無理な力が加わり損傷があった時や過剰に筋肉が伸ばされ炎症をおこした時、長期にわたる筋肉への疲労が原因で痛みが発生。

2.腰椎椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)椎間板内の髄核が脊柱管内に突出し神経根を圧迫している状態、それより下部の圧迫された神経がつながっている臀部や太もも、ふくらはぎ、足や足の指まで痛みやしびれを感じる。この疾患は比較的若者から中年くらいの広い年代にみられ激しい腰痛のほかに足に痛みやしびれ(ときには麻痺)を起こすこともある。

腰椎椎間板ヘルニアは日常生活のさまざまな動作やスポーツの動作が原因で起こることがあります。

3.椎間板症(ついかんばんしょう)椎間板が水分を失い軽度に変形したり変性している状態。

4.分離症脊椎の後方にある椎間関節近くの疲労骨折。

5.分離すべり症分離症が悪化して分離している腰椎が前後にずれている状態。

6.脊柱管狭窄症 (せきちゅうかんきょうさくしょう)脊柱管がせまくなり馬尾神経や神経根を圧迫して発生。

7.側湾症(そくわんしょう)背骨が左右に曲がり変形してしまう思春期に多く、早期の治療が望ましい。

8.ぎっくり腰(急性腰痛症)腰痛の中でも突然鋭い痛みがやってくるのがギックリ腰(急性腰痛症)です。キックリ腰は別名「魔女の一撃」とも呼ばれ、歯磨きをしている時や、重いものを持ち上げようとしたときからだをひねったりしたとき、くしゃみをした瞬間、靴ひもを結ぼうとした時等、ふとしたひょうしに急に腰が痛くなる、激しい痛みをともない、腰椎は前後あるいは後ろに曲げることができないかまたは曲げるのが困難な状態となり身動きがとれなくなったりする。

一般的にぎっくり腰とよばれる症状は誰にでも起こります。他の腰痛疾患が疑われる場合もあるので痛みが長引く場合は診断を受けましょう。

お問合せ・ご相談はお電話で

アクセス・診療時間

対応疾患
交通事故の怪我(ケガ)治療、むちうち、むち打ち、肩痛、腰痛、膝痛、四十肩、五十肩、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎分離症、腰椎すべり症、足のシビレ、膝の痛み、変形性膝関節症
来院地域
京都 京都市の北区、上京区、中京区、右京区、千本今出川、白梅町

連絡先 お問合せフォーム