骨粗しょう症が原因の膝の痛み

女性が閉経されて女性ホルモンの分泌が減少すると骨のカルシウム分が不足する為に、骨がもろくなり骨粗しょう症になります。背中が丸くなったり、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。

また膝関節に面している骨が弱い為にたわんだり変形したりして関節軟骨の表面が不規則な状態になり、変形性膝関節症になることもあります

お問合せ・ご相談はお電話で

アクセス・診療時間

対応疾患
交通事故の怪我(ケガ)治療、むちうち、むち打ち、肩痛、腰痛、膝痛、四十肩、五十肩、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎分離症、腰椎すべり症、足のシビレ、膝の痛み、変形性膝関節症
来院地域
京都 京都市の北区、上京区、中京区、右京区、千本今出川、白梅町

連絡先 お問合せフォーム