変形性膝関節症・治療経過

膝に水がたまり定期的に整形外科に通い、関節の中の水を抜いてもらったり、ヒアルロン酸を注射してもらって膝の痛みをしのいでいる方も多いと思います。 膝に水がたまるという事は、関節の中で炎症がおこっている状態で、炎症を抑えなければいくら注射で水を抜いてもまた水がたまってしまいます。その時は楽になるんですが、また2,3週間するとまた水がたまって注射で水をぬくという悪循環の繰り返しになります。

最初に大切なのは筋肉のバランスよりもその関節の中の炎症を抑えることです。時間がかかりますが、治療を続けていくと少しずつ膝にたまる水の量が減っていきます。さらに治療を続けると水がたまらなくなりやがて痛みもひいていきます。

私の治療例膝の痛み(変形性膝関節症) 70代後半 女性
膝の痛み 40代後半 女性
膝の痛み 70代前半 女性

患者様の声膝の痛み 50代女性
膝の痛み 60代女性

お問合せ・ご相談はお電話で

アクセス・診療時間

対応疾患
交通事故の怪我(ケガ)治療、むちうち、むち打ち、肩痛、腰痛、膝痛、四十肩、五十肩、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎分離症、腰椎すべり症、足のシビレ、膝の痛み、変形性膝関節症
来院地域
京都 京都市の北区、上京区、中京区、右京区、千本今出川、白梅町

連絡先 お問合せフォーム