もし交通事故にあってしまったら!

交通事故に遭ったらまずどうすればいいのでしょうか?●負傷者の救護義務
人身事故の場合は110番、119番に電話して救急車、警察を呼びましょう。ケガ人が軽傷なら安全なところへ避難させてください。重症の場合は動かさず救急車を待ってください。

●警察への通報を必ず行いましょう
まずは警察に連絡をしましょう。大きな事故ではないと自分で判断せずに必ず届け出て下さい。警察へ届出をしないと保険金の請求に必要な交通事故証明書の交付を受けることができません。目撃者がいれば後で証言してもらえるように名前、連絡先などを聞いておきましょう。

●相手方の連絡先を確認しましょう
当て逃げやひき逃げを防ぐ為にも相手の車両のナンバー、車種、色、相手の運転免許証、連絡先(電話番号)、免許証をカメラで撮影しておくといいでしょう。相手の自賠責保険、任意保険の有無、保険会社名は確認しましょう

●保険会社へ事故の連絡をしましょう
自分が加入している保険会社に連絡して下さい。

●怪我はなくても病院や整骨院を受診しましょう
事故直後は特に異常がなくても後日症状が現れることが多く見られますので、当日に受診されることをお勧めいたします。

お問合せ・ご相談はお電話で

アクセス・診療時間

対応疾患
交通事故の怪我(ケガ)治療、むちうち、むち打ち、肩痛、腰痛、膝痛、四十肩、五十肩、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎分離症、腰椎すべり症、足のシビレ、膝の痛み、変形性膝関節症
来院地域
京都 京都市の北区、上京区、中京区、右京区、千本今出川、白梅町

連絡先 お問合せフォーム