交通事故の怪我 40代 女性

通勤途中に京都市中京区西大路太子道の交差点を自転車で横断中、左折で進入してきた車にはねられ、負傷。
左足腓骨骨折、頚椎捻挫、右臀部、左膝、右肘打撲。
当院、来院前に一か月ほど病院に通われていたが、良化せず。HPをみて来院。

■どのような事故にあわれましたか?
自転車で横断歩道を渡る途中で左折してきた車にはね飛ばされた。

■どんなケガをされましたか?
左足腓骨骨折、頚椎捻挫、左膝・右肘・右臀部打撲。

■どこが痛くてどんな症状でしたか?
骨折と打撲の痛みがひどく、事故後2週間ほどは微熱が続いていた。事故直後よりも、翌日から首が思う様に動かなくなり頭が重く頭痛に悩まされた。

■治療はどうされていましたか?
骨折も頸椎捻挫も整形外科では湿布のみの処置。

■当院で治療された後どうなりましたか?
湿布では治らなかった首の症状が軽くなりました。足の方は装具やサポーターをつける事を指導して頂き、歩行時の負担が軽減され回復につながりました。

■現在の調子はどうですか?
事故後18日目から毎日治療を受け始め1ヶ月半後に仕事に復帰。その後も週2、3回の通院で順調に回復しています。『湿布しか出さない整形外科ではこのまま治らない...』という不安な思いから先生に出会ったことで、事故から3ヶ月が経った今では以前の元気な体に戻ってきています。なかなか痛みが治まらず不安な気持ちを抱えていた受診当初に「焦らないで下さい」と、そして仕事復帰の時に「がんばって下さい」とかけて頂いた先生の言葉にもずい分励まされ感謝しています。

患者様の声

お問合せ・ご相談はお電話で

アクセス・診療時間

対応疾患
交通事故の怪我(ケガ)治療、むちうち、むち打ち、肩痛、腰痛、膝痛、四十肩、五十肩、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎分離症、腰椎すべり症、足のシビレ、膝の痛み、変形性膝関節症
来院地域
京都 京都市の北区、上京区、中京区、右京区、千本今出川、白梅町

連絡先 お問合せフォーム