交通事故治療例(むち打ち、腰痛) 40代 女性 自営業

1週間前に、交差点で信号待ちをしていると後ろから追突される、幸い自分の車が外車で相手の方の車が軽自動車だったので比較的、症状は軽いとの事。最初は痛みはなかったが、後から首と肩と腰が痛くなってきて心配になったきたそうで来院される。

左の僧帽筋のはりがきつく、首を回すと痛みがある、腰は左の臀部(おしり)の上あたりが重く鈍い痛みがあるとの事。交通事故の怪我は悪化する事も多く、難治性の場合が多いので仕事の合間を見て毎日通院してもらう、比較的衝突時の衝撃が少なかったせいか順調に回復していく。

途中、腰に違和感が生じた以外は特に問題がなく1ヵ月後にはほぼ大丈夫との事、交通事故の怪我の場合はいったんおさまってもまた仕事に本格的に復帰したときに体が労働の負担に耐えられず痛みがぶりかえす場合があるので一日おきの通院を指示。その後も特に問題がおきず痛みも再発しなかったので2ヶ月弱の期間で治癒される

お問合せ・ご相談はお電話で

アクセス・診療時間

対応疾患
交通事故の怪我(ケガ)治療、むちうち、むち打ち、肩痛、腰痛、膝痛、四十肩、五十肩、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎分離症、腰椎すべり症、足のシビレ、膝の痛み、変形性膝関節症
来院地域
京都 京都市の北区、上京区、中京区、右京区、千本今出川、白梅町

連絡先 お問合せフォーム